ベストシーズン(代表的な動物観察に適した時期)

日本の旅行会社はガイドブックは、コスタリカのベストシーズンを乾季の12月から4月と紹介する事が多いようですが、何をもってベストシーズンとするのかは、コスタリカ訪問の目的によります。

ビーチエリアで過ごすのであれば12月末から4月が良いのは確かです。

しかし訪問をする場所、あるいは観察したい生き物によって、訪問が望ましい時期は変わってきます。

ベスト・シーズンとは何を見たいか、何をしたいかにより決まるものかと思われます。

このページでは、コスタリカに生息する代表的で珍しく、そして日本からの観光客が観察されると喜びそうな生物の、観察をしやすい時期をまとめてみました。 (観察しやすい地へ行った場合の確率)
     ☆☆☆☆☆ ほぼ毎回見せている
      ☆☆☆☆ 見せられない方が珍しい
       ☆☆☆比較的見せやすい
        ☆☆ 運しだい、少し難しい
         ☆非常に難しい
       空白 ほぼ無理


ERROR!!
  2 4 5 6 7 8 9 10 11 12
ジャガー         ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆  
ピューマ
バク
☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆
マナティー ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆
コアリクイ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆
ザトウクジラ   ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆       ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆    
アオウミガメの産卵             ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆    
ヒメウミガメの産卵 ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆
ケツアール ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆
ヒワコンゴウ
インコ
☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆
プラチナ
コガネムシ
☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ☆☆☆

1年を通じて90%~100%の確率で見られる、コスタリカに生息する代表的な生き物:

哺乳類:
フタユビナマケモノ、ミユビナマケモノ、ホエザル、ノドジロオマキザル、クモザル、リスザル、キンカジュクビワペッカリー、ハナジロハナグマ、アグーチ、シロヘラコウモリ、ハナサシコウモリ。

鳥類:
クリハシオオハシ、サンショクキムネオオハシ、コンゴウインコ。

爬虫類:
グリーンバシリスク、イグアナ、クロコダイル、アメリカメガネワニ、

両生類:
アカメアマガエル、イチゴヤドクガエル、マダラヤドクガエル。


コスタリカの政府機関、環境エネルギー省にある、国立公園や自然保護区を統括しているSINACという組織が発表している数字です。
(2017年)

205種類の哺乳類

850種類の鳥類

220種類の爬虫類

160種類の両生類

35万種類の昆虫類

 

 

Copyrights © 2003-2020  Goyi Tours Ecoje S.A