気候と服装

気候


一般的に言うと北緯10度に位置するコスタリカは、カリブ海側や太平洋の低地部は年間平均気温30度の熱帯である。

しかし、サンホセ市を中心とする中央盆地の平均気温は、摂氏15~20度前後で、年間を通して大きな変化は無く、日本に例えると、東京の春、または初秋のような過ごしやすい気候である。

コスタリカの季節は大きく分けると、乾期(12月~4月)と雨期(5月~11月)に分かれている。

地域にもよるが、乾期は降雨量が少なく日中の日差しが強い上に、強い風が吹き、かなり埃っぽい時期と言われている。

そして雨期は午後ほぼ毎日雨が降り、温度も高くなるので若干蒸し暑さを感じる事もある。

しかし最近は、乾期であっても雨が降ることもあり、雨期であっても雨が降らない日も多く見られる。

コスタリカは、北海道の3/4という面積ですが、高低差が大きく、場所によって気候は大きく異なる。

低地のビーチ付近であれば、降雨量の違いはあれど1年を通じて暑く、高地は年間を通じて涼しく、時には寒いこともある。

年間を通じて、日本の東京の春から初冬の気温が混在する国と考えてもらえれば良いと思う。

海抜ゼロメートルのビーチは常夏ですが、ケツアールが高確率で観察できるサンヘラルド・デ・ドータは標高が2000mを超えおり寒く感じます。

コスタリカ最高峰のチリポ山は富士山よりも高く、0℃になる事もあります。

ビーチでは日本の真夏で見られるTシャツと短パンが快適、帽子(日射病や熱射病の予防)もあると便利。そこから車両にて移動を開始、1.5時間ほど移動をしてサンホセ近くに来ますと、Tシャツ短パンでは寒く感じるようになります。

さらに1.5時間移動、サンヘラルド・デ・ドータ周辺に来ますと、フリースなどの防寒具が欲しくなります。

このように、色々な服装の用意をする必要があるのがコスタリカの特徴です。

各観光地にてお薦めする服装を掲載しました。
参考にしてください。

各観光地にてお薦めする服装


トルトゲーロ:
日中は日本の夏のように暑く、半袖短パンで過ごせますが、夜間や
早朝は意外と冷えます。フリースが1枚あると重宝する人が多いようです。
蚊が多い地域でして、コスタリカの蚊は服やジーンズの上からも刺してくるので、ナイロン製の生地は重宝します。ロッジ周辺を歩く場合はトレッキングシューズや運動靴だと便利。

カメの産卵見学ツアーへ参加する場合、黒く目立たない服装をご用意ください。また1年を通じて雨が多いので、雨合羽を用意される方が良いと思います。

アレナル:
比較的過ごしやすい気候。火山の北側、西側で若干の違いはありますが、日本の春先から夏先の服装が必要です。テノリオ国立公園へ行く場合はトレッキングシューズや運動靴が便利。タバコン温泉は水着着用となっています。

モンテベルデ:
朝と夜、晴天と雨で全く異なります。夏と冬と両方の服装を用意するのが良いと思います。

コルコバード:
トルトゲーロに近いとお考え下さい。

サラピキ:
トルトゲーロに近いとお考え下さい。

サン・ヘラルド・デ・ドータ:
日中で天候がよければTシャツと短パンで過ごせますが、早朝の
ケツアール探索時や夜間は冷えます、東京の秋から初冬を想像
してください。ケツアール観察はトレッキングシューズであれば
ベストですが、普通の運動靴でも大丈夫です、しかしサンダルは
止めた方が良いです。

ビーチエリア:
1年を通じて日本の夏です。

なお、高級レストラン、国立劇場などに行く予定がある場合、それなりの格好をするのが望ましい。Tシャツ、短パンで行っても入場を拒否される事は無いとは思うがそのような格好で行く方は少ないので目立ってしまい恥ずかしいかもしれない。

Copyrights © 2003-2020  Goyi Tours Ecoje S.A