こちらでは、日本では入手できない主なコスタリカ最新ニュースをご提供させていただきます。
悲しいニュースから、なぜそんなニュースでコスタリカ人が熱を上げているか
よくわからないようなニュース等 、 お伝えいたします。
*コスタリカ最新ニュースは、定期的に 上書き更新していく予定でございます。


11月15日

ハリケーン エタの被害が収まっていないのですが再び大きなハリケーン ロタが接近しております。

コロナで経済が回復していないのに今度はハリケーンの被害がでています。

11月15日

11㎏のコカインをコーヒーの袋にいれて持ち出そうとした2名がフアンサンタマリア空港にて捕まった。

11月14日

国境近辺で外国人の不法入国を手伝っていたニカラグア人とコスタリカ人が逮捕された。

コスタリカ密入国させるのに1人$50もらっていた。

11月13日

経済があまり良くない状況の中、ナイトクラブにて40名の女性が囚われ働かされていたことが発覚。

11月12日

ハリケーン エタの影響でコスタリカ各地、倒木、洪水、土砂崩れと大きな被害をうけた。

 

 

11月9日

小さなスーパーでの強盗は以前からありましたが、今回はココ島にある中国人が経営しているミニスーパーに男2名が強盗に入った。

経営者は話し合いで解決しようとしたが男性2名はこの話し合いにおおじなかった。

やむを得ず即座に銃で男性2名を殺した。やられる前にやってしまえと言う判断です。

11月1日

から空港が完全に開かれました。少しずつ観光業が回復していくのを祈ります。

ちなみにコスタリカ国内で観光客がコロナに感染したという事例は1件もないとのことです。

各地ホテル、ツアー会場、観光業に携わる方々の努力のおかげかと思われます。

年末年始に向けてたくさんの観光客がくればなと思います。


 

コスタリカコロナ情報

ひどいコロナ情報をお伝えするのは、なんだか 気がひけるのですが
気になっている日本人、情報が必要な方もいるかもしれないのでお伝えします。

3月6日 初感染者は、アメリカ人観光客

3月19日に国境閉鎖。(8月1日から国境閉鎖解除、少しずつ受入れ開始)
今は日本からの観光客も受け入れ可能。

コロナ第1波は、2数ヶ月程で収束を見せ、私も国民も安心していたのですが

6月に入り感染者が増加傾向になってきました。

第2波は 歯止めが利かない状 態のようです。

人口500万人ですので、感染確率はアメリカ、ブラジルを超しています 。

ただ、死亡率は 1% と 世界から見ても非常に低くなっております。

コスタリカの医療システムのおかげかと思われます。

ちなみに、国民保険を払っていない外国人も無料でコロナの治療、コロナ検査(感染者と接触があった場合)を受けることができます。

11月15日現在、合計123,000人が感染しましたそのうち60%以上の方は回復しております。 死亡率1,3%

1日900名ほど以前に比べたらだいぶ落ち着いてきました。

医療崩壊も防ぐことができました。

マスク着用、人と接触しないを皆さん守っているようです。

 

 

Copyright (c) 2003 - 2020 Goyi Tours Ecoje S.A