コルコバード国立公園 Sirena Station  お薦め!

☆Sirena Stationとは?

最後の秘境と呼ばれているコルコバード国立公園には、4つのレンジャーがあり、その中で、最も動物との遭遇率が高いと言われているのがコルコバード国立公園の最奥部にあるSirena Stationです。


観察する事が非常に難しいと言われているバクを、ここでは比較的簡単に観察する事が出来ます。
バク以外にも色々な生き物が見られますので、コスタリカの旅行が動物観察であれば、お薦めです。


☆Sirena Stationで見られる動物


自然が相手ですので、100%見せられるという事は絶対に言えません、事実、弊社は2007年からSirena Station訪問を行っていますが、過去にバクをお見せ出来なかった事も、数える程度ですがありました。

チュウベイバク
ヌタ場で休んでいるバク(2007年撮影)
食事中のバク
メスを全力で追いかけている

☆宿泊施設

Sirena Stationの宿泊施設は2017年、大改装を終えました。
下記の写真のようにプラットフォームと呼ばれる大部屋が2つあり、両方とも男女共同です。
大部屋に蚊帳付きの2段ベットを利用して就寝します。 (テント泊は禁止となりました。)

熱帯雨林の中にあるステーションですが、夜中や早朝は冷える事があります。ステーションではシーツが1枚だけですので、寒さに弱い人は寝袋かシュラフカバーは持参された方が良いと思います。弊社をご利用されるお客様には寝袋と、数泊の着替えや寝袋を入れられる80Lのリュックを、無料でお貸ししております。


☆食事

現在、飲食は国立公園がサービスする食事のみとなっております。

食料の持ち込みは、禁止となっています。
以前はガスコンロや電気湯沸かし器の利用が認められていましたが、一切禁止となっています。
食料の持ち込みが可能な例外は、Sirena Stationから16㎞離れたLeona Stationと、23㎞離れたPato Stationから徒歩でSirena Stationを目指す観光客の行動食のみです。

糖尿病食や、グルテンフリーなど特別な食事が必要な場合は予約時に伝える事により用意されます。

食事は1日前まで注文できますが、当日注文は不可となっています。

朝食:6:30-8:00am
昼食:12:00-13:00pm
夕食:18:30-20:00pm

お代わり自由。


☆その他のサービス

ロッカー4ドル、タオル5ドル、1日当たりの貸し出し費用です。賃貸時にデポジット20ドルを支払う必要があります。

その他は売店があり、コーヒー1杯2ドル、コカコーラやゲーターレードなどの清涼飲料水は4-5ドル、水はサイズによって異なりますが4~9ドル。

他にもナッツ、ポテトチップス、スポーツバー、クッキーなど販売しており、ただし価格は日本の山小屋と同じく、少し高めの設定となっています。

その他、お土産屋もあり、コルコバード国立公園限定商品なども置いてあります。

 


☆電気について

充電は24時間可能ですが、ドライヤー、電気湯沸かし器の利用は禁止されています。

8:00pmに消灯となりますので、懐中電灯の持参は必須です。

シャワールームにシャンプー、洗面所に液体石鹸があります。


☆インターネットについて

無料WIFIがありますが、皆が利用をする時間はスピードは遅く動画や会話、画像送付も難しく、E-MAILがやっと受信できるか出来ないかとお考え下さい。

皆が利用をしない時間帯であれば、ある程度は利用できますが、過度の期待はしない方が良いと思います。


☆飲料水

水をろ過して飲料水にしている水道が1つだけあります。


☆持参をすると良い持ち物

時期にもよりますが、雨季はトレイルがドロとなりますので、長靴があると重宝します。

ステーションは土足禁止なので、上履き代わりになるビーチサンダルがあると便利です。


☆Sirena Stationへの行き方

大きく分けて3つあります。

1.ボートにて砂浜より上陸後、1200m歩く。
2.小型セスナでSirena Stationへ移動、最も楽な方法。
3.Los patos StationまたはLa Leona Stationから徒歩。


1.ボートにて砂浜より上陸後、1200m歩く。
最も多く使われている方法です、Drakeからボートにて移動をします。Drake発着の1日ツアーが、この方法を利用しています。


2.小型セスナでSirena Stationへ移動。
Sirena Stationへ発着許可を持った航空会社を利用します。この方法は短い滞在時間を有効に利用したいお客様にお薦めです。


3.Los patos StationまたはLa Leona Stationから徒歩。
19-22kmを歩くので、Sirena Stationへの宿泊が必須となり、最低でも1泊2日は必要です。出発時間は暗い午前2時発という時もありました。どちらにしても体力が必要な移動方法です。


☆Sirena Stationのルールと日本語ガイドについて

コルコバード国立公園は他の国立く公園のように、観光客のみで訪れても入園を許可されません。コルコバード国立公園に登録されているガイドを伴ってのみ、入園が出来るというルールがあります。

某旅行会社のページには、国立公園レンジャーと提携をしてバクを探すウンヌンとうたっていますが、レンジャーが与える情報は

「昨日〇〇あたりにバクが出た。」

という程度の情報です。

また、その会社が‟スペシャルガイド”とうたっている人物ですが、国立公園のレンジャー達は、その‟スペシャルガイド”たる人物を知りませんでした。

何をもってスペシャルガイドというのかは解りませんが、コスタリカ人ガイドに通訳として同行する“通訳ガイド”では無く、実際にコルコバード国立公園を案内出来る日本人ガイドは、2017年8月現在、弊社の加瀬ガイドのみです。


☆弊社の工夫、ここが他とは違うポイント

バクが最も見られる時間は早朝です。ガイドはバクの性質を熟知しているので、その時間にバクが出現するだろうと思われるポイントへ移動をして、バクが現れるのを待ちます。

バクは7:00amに見られる事もあれば、8:30amになる事もあります。

そして朝食の時間は6:30amから8:00amとなっています。

良い悪いでは無く、食事の時間を大切にするのはコスタリカ人の特徴で、朝食の時間に合わせて一度ステーションへ戻ります。

弊社のツアーは、朝食の時間にステーションへ戻らずひたすらバクが現れるのを待ちます。

過去に他のガイドおよび観光客が、朝食の為にステーションへ戻っている間、バクが出現し、弊社のお客様のみがバクを見学できた事が多々ありました。

‟朝食の時間にステーションへ戻らず、動物観察を優先する”

簡単な事なのですが他が行わないので、弊社の工夫として紹介いたしました。

朝食はどうするのか?

2018年8月、レンジャーステーションの食事担当責任者と協議の末に、朝食の時間に戻らなくても良い方法を取っております。企業秘密なので詳細は掲載しませんが、バク観察の確率が高くなりました。

 

Copyrights © 2003-2020  Goyi Tours Ecoje S.A